<< 津別合宿終了 | main | 8月10日 グレステンスキーレッスン >>

スポンサーサイト

  • 2015.09.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


いよいよ夏本番!!


今回のレッスンは、ようやく夏らしいお天気になりました〜〜〜

とはいえ、標高の高いところにある道院高原は風が気持ちよく、

山から下りた町に比べれば過ごし易い気候です。
 
道院高原のゲレンデは、上部が少し斜度がありますが、すぐに緩斜面になり、その後なだらかな斜面が続きますので、
1ターンずつ山まわりで練習した後、比較的すぐに連続ターンで滑ることができます。

その為、舵取り、切り替えの流れがイメージしやすくなります。

一般的なスキーの技術解説などでは、
ターンとターンの間の弧が切り替わる部分の運動(切り替え)が取り上げられることが多いようですが、
切り替えは、舵取り(ターンの弧を描く部分)の正確な運動が無ければスムーズに行うことが出来ません。

どちらかというと「切り替え」の方が見た目にも注目しやすいので、どうしてもそこばかりを練習しているスキーヤーを多く見かけますが、
本来は「舵取り」で雪面からの抵抗をしっかり受け止めて、その力を使って切り替えにつなげていかなければいけませんので、
もっと「舵取り」の質を高める練習をする必要があります。

しかし「舵取り」の質を高める練習はとても地味で(笑)、ターンの流れをイメージしにくい為、
その大切さを理解されず、おろそかにされてしまいがちなのです。
結局、切り替えばかりを練習して舵取りの質が低いスキーヤーは、雪質や斜面が難しいときに暴走しやすくなります。



グレステンスキーは舵取りの質が悪いとターンできなかったりバランスを崩しやすいので、舵取りの質を上げるには最適なサマースキーです。
特に長岡市営スキー場は斜度もあるので、舵取りの質が一目瞭然。自分でも実感できます。

ゲニース ナトゥーアでは、スキーレベルに関係なく初心者から上級者まで、
そしてグレステン初体験の方も大歓迎です。

是非このシーズンオフはグレステンをやってみませんか?
そして一度経験があるけど挫折してしまった方、グレステンの良さが分からなかった方も、
少し続けてやってみれば良さを発見できるかもしれませんよ!!
 
道院高原2014.7.26. hase-ken.com

スポンサーサイト

  • 2015.09.17 Thursday
  • -
  • 08:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM